« 震災関連死の裁判 | トップページ | ある労働審判 »

相続人166人の遺産分割事件(続報)

少し前の記事で、相続人166人の遺産分割事件のことをアップしました。

それで終わりかと思いきや、実は、被相続人名義の不動産(山林などの持分)がまだ残っていたことが判明し、更に同じ方々を相手として、また同じ遺産分割を申し立てなければならなくなったのでした。
共有持分で固定資産税の請求なども来なかったために、相続人の方もお気づきでなかったようです。
遠いご先祖様の不動産の件で(しかも今回は山林の共有持分)、再度当事者にされてしまった相続人の方々には平謝りに謝罪し、裁判所にも白い目で見られながらも、どうにかこうにか2度目も審判で相続を認めてもらうことができました。
1度目と2度目の間は1年ちょっとくらいですが、166人もいらっしゃると、その間にも住所が変更になった方や亡くなられた方、海外に移住された方などいろいろと変動が生じ、1度目と変わらないくらいの手間と時間がかかってしまいました。
いずれにしろ、何とか完了して一安心です。
3度目はないことを説に願っています。

« 震災関連死の裁判 | トップページ | ある労働審判 »

弁護士業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/62343324

この記事へのトラックバック一覧です: 相続人166人の遺産分割事件(続報):

« 震災関連死の裁判 | トップページ | ある労働審判 »

お気に入りサイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ