« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月の3件の記事

「相続させる」旨の遺言

たまには本業関連の記事を。

遺言書で、ある不動産をある相続人に相続させたいという場合、通常は「○○の不動産を相続人△△に相続させる」と記載します。
そうすると、「遺産分割の方法を指定した」ものと解釈されるため(最高裁判所平成3年4月19日判決)、他の相続人からハンコをもらわなくても単独で相続の登記ができるというメリットがあります。
なので、公正証書遺言の場合は公証人がご本人の意思を確認の上、必ず上記の表現で遺言書を作ってくれます。
これに対して、ご本人が自筆で書いた場合は必ずしも上記のような表現になっていないことがあります。
そうすると、まずその遺言の趣旨で争いが生じうるほか、仮に「遺贈」であることがはっきりしていたとしても、他の法定相続人からハンコをもらって共同で遺贈による所有権登記を申請しないと登記ができないことになります。相続人同士の関係が余り良好でない場合は、そのハンコがもらえずに揉めてしまうこともよくあることです。
少し前までは法務局は自筆証書遺言での単独登記申請についてかなり厳しい態度を取っていると思っていたのですが、最近私が扱った事例でこんなのがありました。
「遺言書 私は全部△△のものにします。ただし、私が△△より早く死んだ場合による」
 (注:ちょっと関係ないところを端折ってます)
もちろん、全文自署等の条件は満たしていたのですが、△△(遺言者の妻)の表記については姓の記載も関係性の記載もなく、単に下の名前だけでした。
しかも「相続させる」ではなくて「全部△△のものにします」という表記。
これは単独登記が認められるかどうか結構厳しいかな~と思いましたが、ダメもとで司法書士さんに依頼して単独申請し、司法書士さんには「取下勧告があっても取り下げないで頑張って欲しい」旨お願いしておきました。
そうしたところ、結果は単独申請が認められたのです。
昭和58年の最高裁判例で、遺言の解釈にあたっては、遺言書の文言を形式的に判断するだけでなく、遺言者の真意を探求すべきという判示がなされているのでそれも後押しになっているようですが、形式主義の法務局にしてはめずらしく柔軟な判断をしてくれたものだな~と感心したところです。
実質的に考えれば、タイトルに「遺言書」とあり、「△△のものにします」と記載している趣旨は△△さんに相続させたいという趣旨であると考えるのが普通だと思うので、常識的な判断ですよね(多少普段の登記よりも添付書類を多く求められたりはしましたが)。
でも、遺言の内容にもよりますし、各地の登記官によっては判断も分かれるかも知れませんので、これから遺言書を作られる方は、やはり公証人に依頼して公正証書にされる方が安全確実だと思いますね。

某運送会社の対応

日頃よく利用している某S運送会社のいわゆる「メール便」を利用して、ある書類を送りました。
なかなか相手先に届かないので問い合わせたところ、「受け付けていない」だの「荷物がない」だのと、まるでこちらが悪いかのような対応。
更に調べてもらったら、やっと物(封書)が見つかったものの、謝るでもなく、「親書は受付できませんのでお返しします」とのこと。
そんな言いぐさってあります?
普段は全然平気で荷物を預かっておきながら、クレーム(しかも自分の落ち度)が出ると急にこんなこと言うって一体どういう神経なんでしょ。
そういう風に言うんなら、「親書」の取扱規制をもっと厳しくやってくれと総務省に文句言いに行こうかって気にもなっちゃいますね。
少なくとも、もううちの事務所では「親書」はそちらの業者さんには頼みません。後で返されても困りますからね・・・。

日弁連全国野球大会in宮崎

11/3~4に宮崎で行われた全国大会に行ってきました。

わが仙台チームは初戦5-3で福岡に勝利。

2回戦(準決勝)は新潟に惜しくも1-2で敗れました。

全国大会での1勝は平成21年以来3年ぶりなので、まずまずの成果とも言えるのですが、準決勝は最終回に2死満塁のチャンスを迎えるなど勝機もあった展開だけに、悔しさが残ります。

それでも、若い選手がのびのびと活躍してくれて、2試合とも本当にナイスゲームと言える試合だったと思います。それが一番の収穫でしょうか。

ちなみに決勝戦は大阪3-0新潟で大阪の優勝だそうです。

大阪は一枚実力が抜き出ているようにも見えましたが、新潟も3試合とも僅差の試合で本当に粘り強いチームですね~。

日弁連野球は各チームの実力が拮抗し、戦国乱世を迎えつつあるような気がします。

来年は広島で開催の予定です。まずは予選を突破して広島に行けるよう、もう一度気を引き締め直していきたいですね。

なお、運営にあたっていただきました宮崎チームの皆さん、どうもありがとうございました。

最後に、結果を知りたい人もいるかも知れないので全試合の結果を載せておきます。どれもなかなか見応えのある試合でした。

1回戦

大阪13-6宮崎

仙台5-3福岡

横浜4-2東京

新潟2-1神戸

準決勝

新潟2-1仙台

大阪3-0横浜

決勝

大阪3-0新潟

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ