« ダルビッシュがいよいよメジャーへ | トップページ | 4月から被災者の方の法律相談が無料になりました。 »

ブログでの名誉棄損にご用心

最近、ブログや掲示板などで発言で名誉を侵害されたというご相談が増えています。

ネット上での発言はご本人としては日記的な気持ちで書いていたとしても、不特定多数の目に触れるものなので、その内容があまりに酷い場合は当然に名誉棄損で民法上不法行為にあたる場合があります(ものすごく酷い内容であれば刑法上の名誉棄損罪にあたることももちろんありえます)。

「○山△夫」みたいに一部を伏せ字にしたり、実名をちょっと改変したりすれば名誉棄損にならないと思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが(実際、某掲示板ではそんな書き込みが大量にされていますが)、記事全体からその対象が特定される場合には十分に名誉棄損になります。

これを「同定性」と言い,実際の裁判ではこのあたりが争点になることが多いです(あとは真実性の証明とか)。

実際、去年2件の判決をもらいましたが、いずれも実名を少し改変した内容について、対象が特定されるとして不法行為を認めてもらいました(1件はネット上の書き込みではない事案でしたが)。

もちろん、表現の自由は日本国憲法で認められているので正当な批判行為は不法行為になりませんが、それを超えて悪意的な表現の場合には損害賠償が認められることがあります。

ブロガーのみなさん、くれぐれもご注意を。

« ダルビッシュがいよいよメジャーへ | トップページ | 4月から被災者の方の法律相談が無料になりました。 »

弁護士業務」カテゴリの記事

コメント

補足です。

違法者というのは、とある運営団体の独自ルールを破っているという(派手な露出をして歩かないとか、こういう持ち物を持ち込まないでという規則レベルでの違反者です。殺人とかの事件性のある犯罪の違法者ではありません・・・。

コメントありがとうございます。
ただ、この内容からだけでは正直、なんとも判断つきかねます。

名誉毀損が成立する場合というのはその人の社会的信用や社会的価値に傷を付けるような場合ですので、そもそも実在していない人について「違法者」と指摘したとしても、対象になる人がそもそもいないので名誉毀損の問題ではないように思われますが、どうでしょうか。

ご質問の趣旨を十分汲めていないかも知れません。ご容赦ください。

かめちゃん様

こんな通りすがりの質問にご丁寧なご回答を頂き、本当にありがとうございました
十分参考になりました!ありがとうございました!

たびたび済みませんが、最初と二つ目の質問文だけ削除して頂いてもよろしいでしょうか?
度々申し訳ありません!気になってしまったもので・・・。
よろしくお願い致します。

はじめまして、
例えば なのですが、
1.吉野家の牛丼はまずいとか
2・すき家の牛丼は薬品でやわらかくしてるかもしれないから、まずいのでは
3・マクドナルドは、まともな企業ではない
4・なか卯は薬品が多いらしい

これらは、全部 違法ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/54015450

この記事へのトラックバック一覧です: ブログでの名誉棄損にご用心:

« ダルビッシュがいよいよメジャーへ | トップページ | 4月から被災者の方の法律相談が無料になりました。 »

お気に入りサイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ