« 台湾の弁護士会との国際交流 | トップページ | 今日からセンター試験 »

日の出らーめんの「仙台二郎」

しばらく更新怠っておりましたが、今年もよろしくお願いします。

さて、年明け第一弾は、最近ちょっとビックリしたこちらのラーメンからご紹介です。

日の出らーめんは昨年オープンしたばかりのお店で、本店は横浜のようです。

極太麺と派手な店舗外観が売り物で、見た目からしても「こってりジャンク系」の雰囲気がびんびん伝わってきます。

メインはつけ麺と、ジャンク系代表の「ガッツ麺」という油そばなのですが、最近メニューに登場した「仙台二郎」はひときわ異彩を放つ一品です。

名前のとおり、東京の「ラーメン二郎」をインスパイアしたメニューのようですが、運ばれてきたときのインパクトが物凄いです。

ラーメンの上にこんもりと「モヤシドーム」が乗っかっており、まるでどんぶりの上にもう1つどんぶりをかぶせたかのよう。

モヤシの下には自慢の太麺が埋もれているのですが、一緒に食べようとすると上のモヤシが崩れてくるので、うまく混ぜて食べるのには技が要ります。

それでも何とかかき分けかき分け食べて、ようやくスープの表面を拝める頃にはもはやかなり満腹感。でも、ほかのメニューと比べるとスープがややあっさり目なので、モヤシのシャキシャキ感と相俟って、満腹ながらも飽きずに最後まで食べられました(とは言っても、ギブアップ寸前でしたが)。

これでもかなりビックリサイズなのですが、とんでもなく驚くのが「麺デカ盛り+肉追加」バージョン。

隣に座ったおにいちゃんが頼んでましたが、どんぶりはすり鉢級の大きさで、モヤシドームは更に数段パワーアップ!その上、分厚いチャーシューがごろごろこんもりって感じで乗っかっています。

このおにいちゃん、大丈夫なんだろうか・・・とちらちら横目で見ていましたが、やはり無理だったようで、こんもりしたモヤシ部分が平になったあたりで早々に退散していました。半分は残してたような・・・。

これはもはや修行というかお店との勝負の域ですね。とても40代が立ち入れる領域ではありません。

大食い自慢の方は話のタネに是非頼んでみて下さい。

日の出らーめん

http://r.tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4010262/

追記(H23.11.28)

平成23年10月23日に本家「ラーメン二郎」の仙台店もできたそうです。

ちなみに、日の出らーめんさんの「仙台二郎」はもちろんラーメン二郎にインスパイアされたネーミングでもあると思いますが、仙台人なら誰でも知っている「仙台四郎」にもかけてあるものです。仙台以外の方にはそのあたりに機微がちょっと分かりづらいかも知れませんので、追記することにしました。

仙台四郎については、例えば下記などをご参照下さい。商売繁盛のお守りとして、写真やキャラクターグッズがよく飲食店などに置かれているんですよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%9B%9B%E9%83%8E

« 台湾の弁護士会との国際交流 | トップページ | 今日からセンター試験 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/50479433

この記事へのトラックバック一覧です: 日の出らーめんの「仙台二郎」:

« 台湾の弁護士会との国際交流 | トップページ | 今日からセンター試験 »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ