« 特捜部は解体的出直しを | トップページ | 日弁連人権大会in盛岡 »

ある沿岸地方の町の会社整理

県内沿岸地方のある町の会社整理事件が大詰めに近づいてきました。

仙台からは車で1時間~1時間半のところなのですが、8月上旬に受任してからはほぼ週1のペースで通っていたので、事務所のスタッフや依頼者の方々にはご迷惑をお掛けしたかも知れません(それでなくても今年は弁護士会関係の仕事で事務所を空けることが多かったのに)。

ぎりぎりまで頑張った会社で、最後はほとんど手持ち資金がない状態から始めたので、会社の財産を処分して、ともかく、従業員の皆さんの未払給料を払うのが目標でした。なんとかそのくらいのお金は集められそうです。

本来なら破産申立をするのが一番いいのかも知れませんが、破産申立の場合、裁判所に納める予納金などで結構な費用がかかってしまいます。

それすら用意できないどん底の会社の場合は、代理人弁護士が自分で財産の処分から配当まで、破産管財人的な仕事も全部やって、会社を任意で整理することがあります。

全部自分の責任でやらなければいけないし、いろいろな紛争も自分で解決しなければならないので、大変は大変ですが、でも、やはり弁護士が入ることによって、倒産前後の混乱を抑えることができたり、場合によっては経営者の方の精神的な苦しみを救ってあげられることもあるので、弁護士が関与する必要性はとても高い分野だと思います。

きちんと公正に処理をすれば、ときには債権者の方にも感謝されることがあります。そんなときは本当にやりがいを感じます。

さて、この件も、もう一踏ん張り、最後まで気を抜かずにやろう。

そして、全部終わったら、寿司でも食べて帰ってこようかな。今までのところは忙しくて仙台へのとんぼ返りばっかりだったからね・・・。

« 特捜部は解体的出直しを | トップページ | 日弁連人権大会in盛岡 »

弁護士業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/49651290

この記事へのトラックバック一覧です: ある沿岸地方の町の会社整理:

« 特捜部は解体的出直しを | トップページ | 日弁連人権大会in盛岡 »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ