« ある沿岸地方の町の会社整理 | トップページ | 仙台弁護士会で取調の可視化を求めるシンポ »

日弁連人権大会in盛岡

日本弁護士連合会の人権擁護大会が盛岡で行われ、私も参加してきました。

日本全国から、約1300人の弁護士が参加したとのこと。

1日目は3つの部会に分かれてそれぞれシンポジウムが行われ、私は子どもの貧困問題に関するシンポに参加しました。

東京の弁護士を主体とする劇団が、貧困に落ち込んでいく子どもの姿を描いた演劇をやっていたのが印象的でした。

なかなか本格的で面白かったのですが、1時間くらいやっていたので、シンポ全体の時間配分からするとちょっと長かったかも。

余談ですが、仙台弁護士会にも「劇団あおば」という若手の演劇集団(と呼べるのかどうか)があり、主に修習生の給費制廃止反対の集会なんかで寸劇をやっています。

それ以外にもときどきテーマ毎に人が集まって集会などで劇をやることもあるので、弁護士って、意外と演劇好きな人が多いのかも知れませんね。

話を戻して、シンポでは、他国の調査結果なども参考にして、子どもの貧困をなくすための幾つかの施策も提言されていました。ただ、雇用や福祉の問題と大きく関わるため、結局はどれもお金がかかる話になってしまい、日本の社会が相当大きく構造転換しないとなかなか難しいように思いました。

2日目は決議案の採択などが行われたのですが、私は急用のため仙台に戻っており、ほぼ夜の懇親会だけの参加となりました。

懇親会はアトラクションのわんこそば大食い大会などで盛り上がり(地元東北チームが下位で敗れたのは波乱?でした)、大盛況でした。

岩手弁護士会の皆さん、ご準備大変だったと思います。本当にご苦労様でした。

« ある沿岸地方の町の会社整理 | トップページ | 仙台弁護士会で取調の可視化を求めるシンポ »

弁護士業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/49692279

この記事へのトラックバック一覧です: 日弁連人権大会in盛岡:

« ある沿岸地方の町の会社整理 | トップページ | 仙台弁護士会で取調の可視化を求めるシンポ »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ