« 仙台で反貧困フェスタ開催 | トップページ | 代位弁済の巻き戻しによる個人再生 »

司法修習生給費制廃止反対集会

先週金曜日、標記の集会が市民団体主催で開催されたので参加してきました。

司法修習生は司法試験に合格し、裁判官・検察官・弁護士になるための見習期間中の人です。現在約1年間の修習期間中は国から給与が支給されていますが、今年の11月からはそれが出なくなるのです。

しかし、そもそもロースクール制度を採ったことにより、司法試験に合格するまでは大学卒業後2年ないし3年勉強をしなければ司法試験を受けらなくなっています。

その間はアルバイトもできないくらい勉強に専念するそうなので、ロースクール中の奨学金だけで平均300万円、多い人で1000万円にも及ぶ借金を抱えているそうです。それを卒業して司法試験合格が決まるまで約半年あります。その間は奨学金も出ないので生活費は自分で何とかするしかありません。

その上で更に1年間の修習期間中に給与も出ないとなると、多くの人は修習終了までに500~600万円もの借金を抱え込むことになります。そんな借金を抱えた人が、社会的弱者のための割りの合わない仕事や、お金にもならない公益的活動などをやろうという気持ちになるでしょうか。

それ以前に、そんなに借金しなければなれないような職業を将来有望な若い人たちが目指してくれるんでしょうか。

このまま行くと、親が弁護士で地盤があるとか、お金持ちの家の子どもしか法律家を目指すことさえできなくなってしまいます(実際、自分がもし今の制度の下で法律家を目指すかと言われたら、かなり躊躇を覚えます)。

どんな職業でも、見習い期間中も多少の給料は保証されます。ましてや、司法修習生は修習専念義務があるのでアルバイトもできません。

多くは弁護士になるとは言え、弁護士も三権の1つである司法権の一翼を担う存在であることに変わりはありません。重要な国家作用の1つである司法権を担う人材を育成するために、しかるべき給与を保証することが国にとってそんなに不合理なことなんでしょうか。ましてや、もともと司法予算は国家予算の0.4%程度であり、細々とした予算しか使っていないのです。

次代の担い手をきちんと育成しようとしない社会というのはいつか大きなしっぺ返しがくるような気がしてなりません。

今までは、「給料がなくなって大変だろうな」としか思っていませんでしたが、これはロースクール生や修習生だけの問題ではないなと思いながら、会場を後にしました。

« 仙台で反貧困フェスタ開催 | トップページ | 代位弁済の巻き戻しによる個人再生 »

弁護士業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/47940390

この記事へのトラックバック一覧です: 司法修習生給費制廃止反対集会:

« 仙台で反貧困フェスタ開催 | トップページ | 代位弁済の巻き戻しによる個人再生 »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ