« 仙台で法教育シンポジウム開催 | トップページ | 石巻で殺傷事件 »

向日葵の咲かない夏:道尾秀介

久しぶりに背筋がゾ~ッとする感覚を味わった1冊でした。

主人公は小学4年生の男の子。その割りには大人びた口調での一人称で物語りは綴られます。

一学期の終業式の日、主人公は学校を休んだ友だちS君の家に荷物を届けに行きますが、そこで、S君の首つり死体を発見します。

慌てて家に戻り、先生に伝えますが、先生と警察官がS君の家に行ってみると、死体は忽然と消えていました。

といったあたりが物語の導入部分です。この導入自体かなり衝撃的ではありますが、まあ、ミステリー小説としては、なくもないかなと言ったところです。

しかし、物語はそこから意外な展開を見せます。

主人公と、主人公に輪をかけて大人びた話し方をする3歳の妹、そしてもう1人の登場人物の3人による死体隠しの犯人捜しが始まるのですが、3人それぞれについて、そしてそれ以外にも少なからぬ登場人物について、読者の心には奇妙な違和感または謎が植え付けられていきます。

犯人捜しが縦軸、登場人物の謎にまつわるエピソードが横軸になり、それが複雑に絡み合いながら物語は進みます。

そして、最後にそれが一本の糸のようによりあわされたとき、隠された驚くべき真実が忽然と浮かび上がります。

終盤は怖い物見たさでどんどん読み進んでしまいましたが、読み終えたときには、人間の狂気や、人の心の闇の深さを見せつけられたような気がして、氷のように心が凍える思いがしました。

それと同時に、これはミステリー小説ではなくてサイコホラー小説なのだということを理解しました。

物語の端々にちりばめた伏線を最後に見事に収斂させているところや、空想的な場面と現実の世界とをうまくシームレス交錯させて描いているところなど、筆者の構想力、表現力は本当に見事だと思いました。別の作品も是非読んでみたいですね。

皆さんもご一読下さい。でも、どちらかというと冬よりも夏の夜にでも読む方がお勧めですね。

« 仙台で法教育シンポジウム開催 | トップページ | 石巻で殺傷事件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/47273877

この記事へのトラックバック一覧です: 向日葵の咲かない夏:道尾秀介:

« 仙台で法教育シンポジウム開催 | トップページ | 石巻で殺傷事件 »

お気に入りサイト

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ