« 意外な穴場:ガレ・ド・リヨン | トップページ | 向日葵の咲かない夏:道尾秀介 »

仙台で法教育シンポジウム開催

30日土曜日に仙台市内で法教育シンポジウム「未来を拓く法教育in仙台」が開催されました。

仙台弁護士会法教育委員会の委員もパネラーで参加していたので見に行ってきました。

法教育というのは、現在の法律がどうなっているということを知識として教えるのが目的ではなく、法律の背後にある重要な価値(自由・平等・正義・公正など)を体験的に理解してもらい、自分たちで問題を解決したり社会に参加していこうという主体的な意欲を身につけてもらうというようなことを目的にしています。

日弁連では10年近く前から積極的に取り組んでおり、近年では法務省や文科省も感心をもって取り組んでいるテーマです。仙台弁護士会でも平成16年から委員会を作り、出前授業やジュニアロースクールなどの企画をやっています。

まだまだ知名度も高くないので、そもそも「法教育」ってなんなのかを理解してもらうところから始めなければならないのですが、今回は130人余りの出席者があり、教育関係の方々も大勢お見えのようでしたので、よいPRになったのではないかと思います。ちなみに、今回のシンポの主催は法務省ですが、日弁連も共催の立場で協力しております。

シンポで印象に残ったの、「人は社会的な動物であり、1人では生きられない。1人1人の人に重要な人権があることを知り、互いの多様性を認め合って生きていくこと、そういう社会の形成を目指していくことが法教育の大きな意義だ」というパネラーの言葉でした(仙台会の委員の方ですが)。

もちろん一朝一夕に進む話ではなく、全く遠大な計画ではありますが、そんな社会が実現するよう願って、我々は活動を続けている訳です。

最近は若い会員の方も興味を持って参加して下さる方が多くなってきて頼もしい限りです。

教育関係の方、もし興味がおありでしたら、仙台弁護士会までお問い合せ下さい。なるべくご希望にお応えできるよう頑張りますので。

« 意外な穴場:ガレ・ド・リヨン | トップページ | 向日葵の咲かない夏:道尾秀介 »

弁護士業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/47448179

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台で法教育シンポジウム開催:

« 意外な穴場:ガレ・ド・リヨン | トップページ | 向日葵の咲かない夏:道尾秀介 »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ