« 出張グルメ チャイニーズレストラン桃源亭(仙台弁護士会会報より) | トップページ | 事務所訪問 »

事業仕分け

行政刷新会議による事業仕分け作業が進んでいます。

いろいろと不満や批判の声もあるようですが、とても面白い手法だと思います。

とりわけ、今まで国民の間にはどの事業が無駄なのかどうか判断する材料が十分に与えられていなかったのが、いろいろな事業の実態が白日の下に晒されるようになったということだけでも十分価値があると思っています。

短時間で廃止の結論を出すことが乱暴だなどとの意見もあるようですが、物事を大きく変えるには時には蛮勇をふるうようなことも必要なのであって、廃止してみて、どうしても国民にとって必要だという声が大きければ、また再開すれば良いのだと思います。

ゼロベースでの見直しというのは正にそういうことだと思います。

実際に、テレビニュースで見る限り、廃止の結論が出されたものには不要不急のものが多く、市民から見ても結論は間違っていないと思う人が多いのではないでしょうか。

これから官僚側の巻き返しも予想されますが、ひるまず頑張って欲しいですね。

« 出張グルメ チャイニーズレストラン桃源亭(仙台弁護士会会報より) | トップページ | 事務所訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け:

« 出張グルメ チャイニーズレストラン桃源亭(仙台弁護士会会報より) | トップページ | 事務所訪問 »

お気に入りサイト

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ