« 秋の気配:オフコース | トップページ | 品数豊富な和食:伊達路 »

ある先輩弁護士の談話から

仙台弁護士会が会員向けに発行しているミニコミ誌のようなものがあり、その中で、先輩弁護士にお話を伺うという企画があります。

最近発行されたものの中で、ある大先輩弁護士のインタビューが載っていました。

その方は弁護士経験30年以上、仙台弁護士会や日弁連でも要職を経験された方で、今でも仙台弁護士会の多くの会員から尊敬を集めている方です。

その方の談話の中で、依頼者との関係について、

「弁護士としてやるべきことはきちんとやり、結果の見通しも説明した上で、最後は依頼者に判断してもらい、その希望に沿うようにやる」

という趣旨のことが述べられていました。

これは私が今までの記事で書いてきたこと(「事件は誰のもの?」「弁護士もおくりびとpart2」など)と同じような考え方だと思い、とても嬉しく思いました。

弁護士にとって、結果はもちろん重要ですが、依頼者との関係においては、結果に至るまでのプロセスが同じくらい重要なことだと思います。

弁護士だけでなく、裁判官も同じ傾向があるように思われますが、どうしても、紛争を解決したいという気持ちが先にたって、当事者の意向よりも、「法律的にみた妥当さ」や「紛争の解決の仕方としての落ち着きの良さ」を前面に押し出してしまいがちなのではないかと思います。

時に、裁判官の和解勧告が、当事者からすると「強引だ」とか「無理やり和解させられた」などと非難されたりするのもそういうことの現れだと思います。

結果はもちろん大事ですが、きちんと言い分を聞いてもらい、きちんと考えて判断してもらったというプロセスが、本当の紛争解決のために必要な場合があるんだと思います。そのプロセスがきちんとできていなければ、いたずらに和解をしても、ただ当事者の胸に不満の種を残しただけに終わるということもあると思います。

もちろん、依頼者にいたずらに不利益を生じさせるようなことは避けなければならない訳で、その当たりの見極めが難しいところではありますけどね。

« 秋の気配:オフコース | トップページ | 品数豊富な和食:伊達路 »

弁護士業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505827/46391269

この記事へのトラックバック一覧です: ある先輩弁護士の談話から:

« 秋の気配:オフコース | トップページ | 品数豊富な和食:伊達路 »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ