« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の3件の記事

ノムさん、お疲れ様でした。

野村楽天のクライマックスシリーズが昨日で終わってしまいました。

残念ながら敗れましたが、試合後に野村監督が双方のチームの選手に胴上げされている姿は、とても感動的でした。

最後に岩隈を登板させたのも、野村監督らしい名采配だと思いました(試合後の岩隈の涙にはこちらもグッときました)。

振り返れば、仙台の楽天ファンはこの5年間、どんなに負けても楽天を応援し続けてきました。正直なところ、そんな時代がまだ少しは続くのを覚悟していたと思います。

クライマックスシリーズなんて夢のまた夢でした。

それをこんなに早く達成してくれて、しかも、本拠地のKスタで開催してくれたなんて、本当に夢のようです。

あわよくば日本シリーズもKスタで・・・というもっと大きな夢さえ見させてもらいました。

この1ヶ月は仙台は楽天一色で盛り上がっていたと思います(ごく一部では日弁連全国野球大会の盛り上がりもあったんですが)。

今年限りの退任は本当に残念ですが、宮城県民はきっとみんなが野村監督に感謝しています。本当にお疲れ様でした。

そして、楽天の皆さん、野村監督の夢を継いで、来年こそ日本シリーズを仙台で開催してください。

花巻東の雄星君も、なんとか楽天に来てくれないかな~・・・。

品数豊富な和食:伊達路

こちらのお店は以前夜に利用したところ、とてもおいしく、見た目にもきれいなお料理が多かったので、ランチにも行ってみました。

ホテルコムズ仙台アネックスの脇道を少し入ったところにあるので、事務所からは結構遠く、よっぽど時間に余裕のあるときしか行けません。

でも、行ってみて大正解!

ランチは何種類かありますが、どれもサイドメニューが品数豊富でとてもヘルシー。

私が選んだのは魚のランチでしたが、サイドメニューが刺身・煮物・小鉢・香物・茶碗蒸し・サラダと、ご飯や味噌汁も入れるとそれだけで既にお盆に乗りきらないほど盛りだくさん。もちろん、一品一品味も確かです。

メインの鯖の柚庵焼きは別皿で出ましたが、こちらも味・ボリュームとも大満足。カウンター席に座りましたが、全部並ぶと隣の席にはみ出すんじゃないかと心配になるほどでした。

これで更に食後のデザート(小さなスポンジケーキ)、コーヒーまで付いて1000円はかなりお得ですね。

ほかに、肉メインのランチなどいろいろあります(多分サイドメニューは共通です)。お店の作りも古民家風でなごみます。

でも入り口がちょっと分かりづらいので要注意。

伊達路(だてじ)

http://r.gnavi.co.jp/t026504/

ある先輩弁護士の談話から

仙台弁護士会が会員向けに発行しているミニコミ誌のようなものがあり、その中で、先輩弁護士にお話を伺うという企画があります。

最近発行されたものの中で、ある大先輩弁護士のインタビューが載っていました。

その方は弁護士経験30年以上、仙台弁護士会や日弁連でも要職を経験された方で、今でも仙台弁護士会の多くの会員から尊敬を集めている方です。

その方の談話の中で、依頼者との関係について、

「弁護士としてやるべきことはきちんとやり、結果の見通しも説明した上で、最後は依頼者に判断してもらい、その希望に沿うようにやる」

という趣旨のことが述べられていました。

これは私が今までの記事で書いてきたこと(「事件は誰のもの?」「弁護士もおくりびとpart2」など)と同じような考え方だと思い、とても嬉しく思いました。

弁護士にとって、結果はもちろん重要ですが、依頼者との関係においては、結果に至るまでのプロセスが同じくらい重要なことだと思います。

弁護士だけでなく、裁判官も同じ傾向があるように思われますが、どうしても、紛争を解決したいという気持ちが先にたって、当事者の意向よりも、「法律的にみた妥当さ」や「紛争の解決の仕方としての落ち着きの良さ」を前面に押し出してしまいがちなのではないかと思います。

時に、裁判官の和解勧告が、当事者からすると「強引だ」とか「無理やり和解させられた」などと非難されたりするのもそういうことの現れだと思います。

結果はもちろん大事ですが、きちんと言い分を聞いてもらい、きちんと考えて判断してもらったというプロセスが、本当の紛争解決のために必要な場合があるんだと思います。そのプロセスがきちんとできていなければ、いたずらに和解をしても、ただ当事者の胸に不満の種を残しただけに終わるということもあると思います。

もちろん、依頼者にいたずらに不利益を生じさせるようなことは避けなければならない訳で、その当たりの見極めが難しいところではありますけどね。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ