« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の4件の記事

好きな温泉旅館その5:鎌先温泉みちのく庵(宮城県白石市)

宮城県の南端白石市にある鎌先温泉は、古くから湯治場として栄えた温泉地で、風情ある温泉宿が何件も並んでいるエリアです。南端と言っても、高速を使えば仙台から40分程度なので、全く不便はありません。

その中でも、温泉街から少し離れた高台にある1軒家がこちらのみちのく庵です。

5年ほど前に一度弁護士会の関係で行ったことがありましたが、今回、久しぶりに今度は家族で行ってみました。

こちらの一押しはまずお料理。夕食には、見た目にもきれいで、繊細な味付けのお料理が一品ずつお部屋に運ばれてきます。

040_17

まずは前菜と先付けです。彩りも良く、秋らしい盛りつけです。

055 

メインの牛肉の温泉蒸しもさっぱりしていて上品な味付け                                                             

                                                                               

                        

                                

次に、部屋やお風呂からの眺めも最高です。高台にあるため、蔵王連邦が一望できます。私が行ったときはちょうど紅葉が見事な時期で、朝には雪も舞っており、とても幻想的でした。                      

2008_11210074_2

部屋の窓からも、大浴場の露天風呂からも、蔵王連邦の絶景がすぐ目の前です。5年前に行ったときは梅雨どきだったので紫陽花がきれいでした。                            

                  

                      

                 

            

館内はこじんまりしていて、部屋と大浴場のほかには何もありませんが、こんな絶景に囲まれて、静寂の中で露天風呂にゆっくりつかっていると、本当に心が洗われるような気持ちになります。首都圏のお客さんが多いそうですが、その気持ちも良く分かる気がします。

喧噪から逃れてひたすら静かな時間に包まれるのにはぴったりの隠れ家的な宿と言えるでしょう。

欲を言えば、もう少しパブリックが充実しているといいかな。例えば、湯上がりにロビーでジュースや甘酒などが振る舞われるとか・・・。あと、せっかく宮城は地酒どころなので、地酒を中心に飲み物メニューを充実していただけると、酒飲みにはありがたいところですね。

鎌先温泉 みちのく庵

http://www.michinokuan.com/

法曹ソフトボール大会

土曜日、法曹ソフトボール大会がありました。

これは、毎年行われているもので、法曹三者(裁判所・検察庁・弁護士会)の数少ない交流の機会の1つです。

普段はそれぞれビミョーな緊張関係(?)に立つ三者も、この日ばかりは和気藹々と白球を追いかけます。

さて、初戦は検察庁対弁護士会戦でした。

検察庁チームは集合時間を厳守してみんなで事前の練習に余念がなく(さすが検察一体の原則)、意気込みを感じさせられましたが、その予感どおり序盤から猛打爆発。ホームラン2本(3本だったかな?)であっという間に5点差に。

弁護士会チームも終盤反撃しましたが、とき既に遅く、5対2で敗れてしまいました。

2回戦は弁護士会対裁判所。こちらは逆に裁判所の堅さが抜けない内に弁護士会が大量点を奪い、結局11対3と弁護士会チームの快勝。

いよいよ雌雄を決する3回戦。全チーム1勝1敗の場合は得失点差の勝負になるので弁護士会にも優勝のチャンスが残っています。

そのため、弁護士会チームは全員で裁判所の応援に回りました。

しかし、その前の試合では弁護士会が裁判所に圧勝だったので、裁判所が検察庁に勝ってくれることはかなり期待薄・・・。と、思いきや、試合が始まってみると、裁判所チームは先ほどとは一転、攻守続発で緊迫した好ゲームとなりました。

弁護士会チームの応援にも俄然熱が入ります。

そして、裁判所チームは少ないリードを守りきり、3対2で見事勝利を納めたのです。

勝った裁判所よりも弁護士会チームの方が大盛り上がりでした。

という訳で、今年の法曹ソフトボール大会は、得失点差により弁護士会チームの奇蹟の優勝で幕を閉じました。

試合後の懇親会も、1勝1敗同士なのでそれぞれ勝手に言いたいことが言えて、とても和やかな雰囲気でした。私もおいしいお酒を飲んだことは言うまでもありません。

仙台弁護士会野球部初戦敗退!

横浜保土ヶ谷球場で行われた日弁連全国野球大会。

我が仙台弁護士会野球部(仙台フェニックス)は残念ながら名古屋ローヤーズに11-1と大敗を喫し、初戦突破はなりませんでした。

四死球やエラーなどで走者が貯まったところで大きな当たりを打たれたのが響きました。やはり全国の壁は厚かったです。

来年は仙台開催になります。地元でなんとしても優勝ということで、チームは今から盛り上がっています。フェニックスの名の通り、何度倒れても這い上がっていきましょうね。

なお、決勝戦は東京が熊本を6-4で破り、10連覇を飾りました。

東京強し!

でも、少ないメンバーで大阪・東京と互角に渡り合った熊本も立派ですね~。

ホントに日弁野球は群雄割拠の様相を呈してきましたね。

なごみ食堂の「おばんざいランチ」

仙台地方検察庁向かいのホテルレオパレス仙台の地下にあるお店。

ここの「おばんざいランチ」はすごい!

何がすごいかというと、おかずのボリューム!

780円で、おばんざいのおかずが5品付くのですが、この手のおかずたくさんのランチだと1品当たりの量は少ないのが普通で、例えて言うなら、お茶碗の半分くらいの小さな小鉢に1品ずつ入って出てくるって感じのものを予想してたのですが、ここの小鉢は1つ1つがでかい!

全部お茶碗の大きさより大きいくらいの器で、それが5品も付いてくるので、本物のご飯茶碗と合わせて、見た目はご飯6杯!?って感じでどど~んと出てきます。そんで更にご飯と味噌汁はお代わり自由だそうですが、私はそれ以前におかずが食べきれるかどうかの方が心配になりました。

私が行ったときのおかずは切り干し大根、ひじき煮、肉じゃが、牛肉と大根の煮物、サンマの煮付けでしたが、おかずで満腹になったのは久しぶりです。

味付けは上品な薄味でおいしいし、家庭料理っぽくて野菜もたくさん取れるので、栄養が偏りがちな独身若手男性弁護士さんには特にお勧め。もちろん、それ以外の方もどうぞ。

それ以外の定食の場合も、メインのおかず1品に加えて、大皿盛りのおばんざいを小鉢で自由に取って食べられますので、こちらもお得。

お店の内装も昭和の食堂っぽいレトロな雰囲気で、なごみます。

仙台市青葉区大町2丁目3-1 ホテルレオパレス仙台B1F

なごみ食堂

http://www.leopalacehotels-sendai.jp/category/1200545.html

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

お気に入りサイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ